「ぽっちゃりママのダイエット奮闘記」を見ての感想

テレビとリモコン

こんにちは。管理人の獅子美です!

さてさて。今日は最近見たダイエット番組の感想を書きたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

「ぽっちゃりママのダイエット奮闘記」を見ての感想

先日、「ぽっちゃりママのダイエット奮闘記 ~2ヵ月でここまで痩せました~」という番組を見ました。

二人のママさんがプロの指導を仰ぎながら2ヵ月間ダイエットをするという内容です。

一人のほうは吉川メソッドのやり方で減量するということで、それが見たいがために見ましたw

今回ダイエットに挑戦する二人のママさんは、年齢も体格も違うお二人です。

一人目:50代の100kg越えママ

まず一人目のママさん。

山岸ママ。52歳。

身長152cm、体重102.3kg、体脂肪率56.5%。

子供を7人出産し、そのうち子供5人孫1人そして旦那さんと一緒に暮らす大家族ママ。

100kg越えのボディは迫力があります。特にお腹。ウエストは125cmありました。

2ヵ月後に次男の結婚式があるということで、式までに-20kg減量するのが目標です。

山岸ママにとって、お子さんの初めての結婚式だということで、綺麗になって出席したいと意気込みます。

wedding

山岸ママは運動が好きじゃなくて飽きっぽい性格だそうです。

ジムに通おうと思って最初に10万円キャッシュで払ったけど、一回も行かなかったそうですw

そんなエピソードを「ふざけてるだろw」と明るく話す旦那さん。

男前な素敵な旦那さんです。

奥さんのことを好きなことや可愛いと思ってることが伝わってきて見てるこっちがほのぼのします。

また山岸ママが明るくてよく笑う陽気な方なのです。

太ってることもいろいろネタにしちゃう朗らかさがあるし、愛嬌があって、魅力的な女性だなと思いました。

でもでも。100kg越えはやはり健康には良くないので、しっかり減量しなければなりませんね。

伸びをする猫

そんな山岸ママについたプロのトレーナーは、佐久間健一さん。

ニューヨークやロサンゼルスにもジムを持ち、モデルなど年間4000人のトレーニングを担当されているパーソナルトレーナーだとのこと。

佐久間さんが山岸ママのために用意した方法は「セレブ式ダイエット」。

海外で流行っている運動を取り入れて、飽きたら違う運動を取り入れていくという、変化と面白味のあるダイエットだとのこと。

BOSUボールという、バランスボールを半分に切った形状の安定感のある器具でエクササイズをしたり。

バレエエクササイズでストレッチをしたり。

体重もありますしあまり激しい運動は行いませんでした。

運動の強度よりも、いかに飽きないで取りかかることができるか、に重点を置いたみたいです。

ダイエット中の食事内容は、血糖値を急上昇させない食事を摂る、というものでした。

ちょっと低糖質ダイエットの要素はあるけれども、でも吉川メソッドやライザップがやってるような厳格な糖質制限は課しませんでした。

低GI値の食品であれば食べていいとし、春雨やライムギパンやそばなどはOKとしていました。

あと1日4リットルの水を飲むこともルールとして入ってました。普通体型の人は2リットルくらいだそうですが、山岸ママは体重が多いので4リットルです。

あと、栄養価が高く良質の脂であるブラジリアンナッツも推奨していました。

このナッツとワカメなどを摂取していたおかげが、肌の調子が良くなったようで、娘さんがママの顔を触っては「すべすべしてる」と言ってました(^^)

白い歯

こんな調子のいい日もあれば、なかなか調子が出ない日もやってくるのがダイエットなわけで。

途中、山岸ママに停滞期がやってきます。

停滞期を抜け出すために新たな運動を取り入れたり家族で出かけてリフレッシュしたり、トレーナーの指導のもと2ヵ月間ダイエットを頑張りました。

その結果。

山岸ママ、体重102.3kg→81.9kgに減量しました。

-20.4kg達成です!

体脂肪率-9%、腕周り-5.5cm、ウエスト-29cm減。

目標が達成したということで旦那さんから「おめでとうございます」と小っちゃいミニチュア観葉植物っぽいプレゼントがありました。

「お父さんこういうところ優しいんだよねー」と山岸ママ。

なにこのいい夫婦w

そしてダイエットの一番の目的である次男の結婚式。

離れて暮らす次男とはダイエットを始めてから2ヵ月会ってなかったそうです。

念願だった黒いドレスで出席し、ヘアメイクもバッチリ決めていざお目見え。

20kg痩せたママを見て、次男もお嫁さんもビックリ。

次男「痩せたね本当に」

ママ「まだ太ってるけどね」

次男「まぁね」

で、和やかな笑いが。

山岸ママの娘さんも「すごいキレイになった。痩せてよかったね」とママに声をかけてました。

ママはもっと痩せてキレイになりたいと目標を持っています。

旦那さんもお子さんたちも協力的で、いい家族だなと思いました。

それは山岸ママがニコニコしてて明るいからだろうなと思います。

だから旦那さんも一見渋くてクールな感じに見えるけどママの前ではニコニコしてて、素敵な夫婦関係を築けているように見えました。

山岸ママ、魅力的なママです☆これからもダイエットがんばってください♪

二人目:料理好きなアラサーぽっちゃりママ

二人目は竹中ママ。32歳。

身長162cm、体重63.6kg、体脂肪率37.7%。

10ヵ月の娘さんと旦那さんと暮らす料理好きママさん。

体重の数値的にはそれほどヤバいわけではないし、竹中ママは下半身は太くないように見えます。

ただ、お腹が全体的に結構ぼっこり出っ張っちゃっています。産後太りのようです。

その竹中ママの普段の食生活を見てみると、炭水化物をガッツリ行っちゃってます。量も多いです。むしろそれだけ食べて63kgにとどめられててすごいなと思ったくらいです。

竹中ママは高校時代は40kg台だったそうだし、本来はそこまで太りやすい人ではないのかもしれませんね。

ただ、15年間で15kg増えてしまったので、いずれいつかは体型や健康というものに気を付けなければならないんですよね。

竹中ママは高校のプチ同窓会に参加し、後日写真を見て自分が太っていることにショックを受けたそうです。

2ヵ月後に同級生が集まる女子会があるとのことで、綺麗に10kg痩せて女子会に出席したいと意気込みます。

シャンパンで乾杯

そんな竹中ママについたトレーナーは、吉川メソッドの吉川朋孝さんです!

ハイ、吉川先生キター!

管理人の筋トレの師匠です。といっても筋トレ本を参考にさせてもらってるだけで、実際に吉川メソッドに通ったことはないですが。

吉川先生、「一切妥協を許さないムキムキ系パーソナルトレーナー」と紹介されていました。

吉川先生がママに課したダイエットメニューはもちろん、糖質コントロールと筋力アップのコンボです。

糖質コントロールは、糖質を最大限減らす厳格なものです。

筋力アップにしても負荷の高い筋トレをジムで行います。また、家でも毎日キツいスクワットをします。

竹中ママはそれこそ「ぽっちゃり」で大型肥満ではないから、2ヵ月で10kg減らすとなると、こういった厳しいメニューが必要になってくるということですね。

ダイエットを開始する前に、吉川先生がママさんに「筋肉をつけての10kgだから相当頑張らないとならないですよ」と釘を刺していました。

ここでちょっと話は逸れますが。

実際に動いている吉川先生をじっくり見るのは初めてですが、吉川先生はしゃべってるほうが若くかっこよく見えます。

眼鏡をかけてシックな私服を着ているときは、その筋肉のついた体型もあって素敵でしたよ。

指導する立場だからか声(というか発声の仕方?)がいいし、自信があるように感じるし、動いてる吉川先生はイイ男風味でした☆(^^)笑

しかし、ダイエットのこととなれば徹底的に厳しくなる吉川先生。

竹中ママが最初に吉川ジムを訪れた際には、吉川先生の「どれだけ怠惰な生活してたんですか」「本当に痩せたいんですよね?」という問い掛けに泣きそうな顔になっていたし、トレーニングを終えた後は続けられるかどうか不安にもなっていました。

そして吉川先生、竹中ママのお家の冷蔵庫にあった調味料をどんどん処分していましたw

ケチャップとかソースとか、一般的には意外に思うであろうポン酢とか麺つゆとかまで。

それなりに食べる食品は制限されてしまいますが、料理好きの竹中ママはいろいろとおいしそうな料理を作っていました。

食べたものはLINEで吉川先生に逐一報告します。

スマホ

旦那さんが自分も糖質制限をすると言ってくれたのですが、一ヶ月を過ぎたあたり(39日目)で耐えられなくなって「やめる」と言い、奥さんの前で白米を食べてしまいます。

「私だって食べたいわ」と奥さん口調が強くなります。

旦那さんは朝と夜は糖質制限で昼は普通に食べてたみたいなんで、炭水化物を適度に摂取しつつの中途半端な糖質制限って余計キツイんですよね。

その数日前に竹中家族で動物園に出かけたときの昼食のお弁当(もちろん糖質制限食)を食べているときも「おからホント飽きた」「普通の飯うまいよね」って糖質制限食に対して旦那さんは不満を漏らしていました。

「本当に口がぱさぱさになる」とそのときのことを持ち出したことで喧嘩につながります。

「自分で糖質制限やるって言い出したんじゃん」と言った後で竹中ママは泣いて「一生懸命作ってるのに」「パンとか食べられないから工夫して作ってんのに」と訴えます。

「言いたいことはわかるんだけど、飽きるんだよね、マジで」と旦那さん。

そしたら奥さんは「食べなきゃいいじゃん。それ(用意した食事)捨てれば?!」と席をはずします。

どちらも慣れない糖質制限でストレスがたまったんでしょうね。

この喧嘩の一件もあってか、翌日、奥さんは禁止されているご飯を食べてしまいます。

糖質たっぷりの食事を摂ってしまいました。

この食事のときはカメラが回っていなかったんですが、きちんと食事の写真を吉川先生に報告してましたw

そんな違反もありましたが、夫婦仲は旦那さんが謝りの手紙と靴のプレゼントを渡したことで修復につながり(奥さん涙を流してました)、それからは食事も運動もさらに頑張った結果。

竹中ママ、体重63.6kg→52.8kg

-10.8kgの減量!

女子会でお友達からも「超痩せたね」「変わったね」「キレイ」と声をかけられていました。

司会のバナナマンも「スタイルいい」と言っていたし、竹中ママ、特にやっぱり脚がキレイです!

旦那さんもキレイになった奥さんに目がカッと見開いてました(笑)

ダイエットを終えた竹中ママは、「結果、幸せなダイエットだった」とコメントをしていました。

いい言葉じゃないですか(^^)

おわりに

ダイエット番組でしたけど、最後は感動しました(*^_^*)

2ヵ月ダイエットをしていれば、停滞期がやってきたり、家族と衝突してしまったり、うまくいかないときもやってきます。

でもそこを乗り越えた先に、笑顔や「幸せなダイエットだった」という幸福感が待ってるんですね。

痩せてキレイになって、笑顔や幸福感が増える。

こんないいプラス効果はないですよ。

未来の笑顔のためにも、今、がんばろう!