キレイな人は美に関する努力を努力と感じないし、ますますキレイになる

spring girl

皆さんはどういう体型がお好みですか?

管理人は男性も女性も筋肉のついた引き締まった体が好きです。

ま、男性と女性とでは筋肉の量が違いますし、女性に関しては少し脂肪がついてやわらかい丸みがあるのが美しく思います。いわゆるカーヴィネスってやつですか。バストやヒップなどがちゃんと出ていて、ウエストや足首などはきゅっと引き締まってるメリハリボディーが理想ですね。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

キレイな人は努力を努力と感じないし、ますますキレイになる

有名人だと、何だかんだ言って(別に言ってない?)叶姉妹のボディーはすごいですよね。

あの体型はお金もそうですが相当の努力をしないとムリです。努力って言うとキツイものになってしまうので、叶姉妹にとっては努力ではないのかもしれません。美意識がとても高く、日常の生活で美に関係することをごく自然に取り入れてるって感じなのでしょう。

管理人、最近つくづく思うのですが、きれいな人はきれいになる努力を努力と思ってないですよね。楽しみながらやっている。

もっと大局的に言うと、自信のあることに関しては、それを維持したりさらに伸ばしたりすることに関して苦には感じないんですよね。管理人にもそういう覚えがあります。

管理人は肌には自信があった

スキンケア

手前味噌で恐縮なんですが、管理人、昔から肌はきれいと褒められることが多かったです。

そのため、20代前半から肌のケアには力を入れてきました。化粧水や乳液にこだわり、フェイスパックを毎日し、どんなに疲れてても化粧は必ず落として手入れをしてから寝てました。一番力を入れてるのは日焼け対策で、年中日焼け止めを塗り、外出する時は日傘を差しています。誰も日傘なんて差してない地域を日傘で歩くこともあり、他の人に変な目で見られてるかもしれませんが、構いやしません。恥ずかしさより肌のケアのほうが大事です。

そういった日々の積み重ねもあってか、現在でも肌がきれいと言ってもらえています。-10歳肌だと言ってもらえたこともありました。

しかし自信のない体のケアはせず

が、ですね。

顔の肌のケアには力を入れてても、体のケアに力を入れることってほとんどありませんでした。好きな物を好きに食べてたし、運動はしてなかったし、体が硬くてもストレッチはしないし。

それは自分がスタイル良くない自覚があったため。

自信があるものは「維持しよう・よりきれいになろう」という思考が働くのですが、自信がないものを「改善する」のは、したい気持ちはあっても実行に移すのはムズカシイ。

日焼け対策やスキンケアに関することは努力だと思ったことがありません。自分がやりたいことなので、面倒くささも感じません。しかし、体のこと(ダイエットや運動やストレッチ)となると、一気に「努力」という2文字が降ってきて、キツさや面倒くささがのしかかっていました。キツイ・しんどい・面倒くさいと感じる物は長続きしませんよね。。。

キレイでいたいなら一旦キレイになる

ハートのシャボン玉

なので、この先の人生、スリムで過ごしたいなら一旦スリムになる必要があるのかなと。

キレイでいたいなら一旦キレイになる必要があるのかなと。

そう思います。人間、「改善する」よりも「維持・よりよく」する行動のほうが実行しやすいんじゃないでしょうか。

で、太ってる人が一旦スリムになるには、やっぱり努力が必要じゃん、って思うかもしれませんが、そこは「努力」ではなく、「日々の変化を楽しむ」マインドに持っていくことが大事だと思ってます。

「努力や根性では人は変われない」。詳しくは以下の記事をどうぞ↓

「めざせマイナス○キロ!」「○キロまで絶対やせる!」 現在、管理人はこういった具体的な目標を掲げていません...

おわりに

お金の話でもそうですよね。金持ちはより金持ちになる。

貧乏から金持ちになるのは難しいことですが、金持ちがより金持ちになるのは前者より簡単なことです。

キレイな人は鏡を見ることが楽しく、さらにキレイになることが楽しくてしょうがないんですよね。まさに変化を楽しめているんですよね。

変化を楽しみ、気づけばキレイになっていて、それでよりキレイになるためのライフスタイルを送れるのなら、こんなステキな好循環はないですよね!