【書評】良書「反応しない練習」に心から納得!

反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」

こんにちは、管理人の獅子美です。

2週間ほど前にすごく落ち込む出来事がありました。。。

救いとなる言葉や考えが欲しいと思い、アマゾンを探っていたら、評価の高い良さそうな本を発見しました。

草薙龍瞬さんの『反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」』という本です。

この本、とても良かったです。この本のおかげもあって、今では自分はすっかり立ち直って元気です。

今回は、ぜひオススメしたいこの本について感想などを書いていこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

どういう本なのか

内容紹介(Amazonより抜粋)
◎ブッダは実は、「超クール」――
“独立派”出家僧が教えるあなたの悩みを解決する「原始仏教」入門!

僧侶である著者が原始仏典を紐解きながら、現代の生き方を教えてくれます。

「すべての苦しみは、ムダな反応から生まれる」というのが、この本が一貫して主張していることです。

ムダな反応をせず、ムダな判断をせず、サラサラと流れる小川のような心で過ごすことの大事さと、そういった「フラットな心でいられる・リセットする」ための方法が書かれています。

概要(大まかな内容紹介)と読者のレビューを見ただけで、「なるほど」と腑に落ち、何か心が浄化されるような感じがありました

これはぜひ本文もじっくり読まねばと思い、即アマゾンで注文。

本を読んでみて思いました。

ようやく、心から納得できる「生き方の指針」に出会えたなと

cooking

管理人は、今までけっこう自己啓発系の本を読んできましたが、一番バチンと心にハマりました。

「実にその通りだ」と思わされました。

この本では、ブッダ(仏教)の考えを基にして説かれていますが、宗教くささは感じません。スピリチュアルでもありません。むしろ、「リアル」です。人間の特質を見抜いた現実的かつ合理的な「悩み解決方法」が示されています。

この本を読めば、いかにムダな反応や判断・妄想・執着は、害悪でしかないことに気づかされます。

そんなものは手放しましょう。

ムダな反応・判断・妄想・執着をしない

yoga

あらゆる怒りも悩みもストレスも、すべては自分の心が作り出しているんですよね。

同じ出来事でも、ある人にとっては何でもないかもしれないし、ある人にとっては腸が煮えくり返ることかもしれない。同じ出来事なのに。受け取り側次第です。

怒ることはすごく嫌なことです。自分にとっても周りにとっても何の得にもならない。できるなら誰だって怒りたくないと思います。

それと同じく、誰だって本当はストレスを感じたくないし、悩みたくないし、不安にもなりたくないと思います。

日々生活していれば、人間の感情を乱すような出来事は必ず訪れます。小さな物から大きな物まで、いろんな出来事が身の回りで起こります。それは免れないことなので、大事なのはそのような出来事が起こったときに実際に感情を乱されないことです。反応しないことです。うっかり感情を乱してしまったとしても、すぐリセットすることです。

コーヒー

自分が反応しなければ、怒らずに済みます。

自分が反応しなければ、嫌な思いはしません。

実はめちゃくちゃ数式的というか、図に表せるくらいシンプルな構図だということがわかりました。

将来の不安とかも、ムダな妄想や判断から来る物です。どうなるかなんてわからないので、そんな物は手放すに尽きます。

実戦するには難しいことかもしれませんが、それこそ「難しい」「ムリだ」とムダな判断をせず、とりあえずやってみるしかないのかな、と思いますね。

ここで、管理人が本を読んでいてグッときた部分を紹介します。

(著書より抜粋)

自信がある・ないというのも「判断」にすぎません。(略)自信という「判断」は”後回し”です。それよりもやらなければいけないことがある、と考えます。やるべきことをやって、「自信がある人」以上の成果を上げる――それがブッダの思考法です。

ついでに気づいちゃった、こんなこと

この本の中では、妄想を手放す方法として、「体の感覚を意識しながら歩く」という方法をすすめています。

歩くときって、いろんなことを考えたり妄想したりしながら歩いてませんか?管理人はそうでした。

楽しい妄想ならいいんですが、知らず知らずのうちに余計な妄想にまで発展しちゃってたりします。。。

ウォーキング

ということで、先日、数時間歩いたときに、自分の「アタマ」でなく、「カラダ」に意識を向けて歩きました。「右」「左」と出す足を意識したり、足裏の感覚を意識しながら歩きました。外の光や匂いを感じながら歩きました。

そしたら、いつもより歩くスピードが明らかに速くなりました。颯爽と歩くようになりました。

これは目覚ましい発見でした。ウォーキング以外のことにも当てはまるかも、と思いました。

たとえばウォーキングではなく、何かの作業をしているときでもそうです。ムダなことを考えず、妄想をせず、「感覚」だったり「目に見えるもの」に集中すれば、作業効率やスピードは上がります。

同じく、人生を歩むスピードだって、ムダな妄想をしなければ、している自分よりは速く進めるかもしれませんね。

そんな風に思いました。

おわりに

管理人、ムダな反応をしない人間をこれからも目指します!

本を一度読んだだけではまだ自分の物にはなってないと思うので、読み直して理解を深めたいと思いました。

著者・草薙さんの別の本も読んでみたいです(^^)

この本に出会えて良かった!そう思える一冊でした。オススメ!