ダイエット中だと公言すべき?―しなくても成果は出てます

スピーチ

「ダイエットに成功したければみんなに宣言するべきだ!」とはよく聞きます。

ダイエットだけでなく、あらゆる夢・目標の実現には公言が不可欠だという声もあります。比較的昔から「まわりに宣言する大切さ」みたいなの、存在してますよね。

これ、公言したほうがうまくいく人ってのはもちろんいるでしょうけど、公言しないほうがうまくいく人も一定数いるはず。

ってことで、今回は「ダイエット中だと公言するべき」なのかどうかについて、管理人の考えを書いていきます。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

公言しないのは本気じゃないから?んなこたぁない

管理人の知り合いに夢や目標をいつも熱く語る女性がいます。彼女は「夢は口に出さなきゃ絶対に叶わない」というスタンス。

彼女からすると。夢や目標を口に出せないのは「失敗したらどうしよう」って思いがあるからだ。つまり本気じゃないからだ。という理論です。

そんな彼女はダイエットについても絶対周りに公言するべきだと主張しています。公言することによって何が何でもやらなきゃいけなくなるし周囲も協力してくれるようになるよと。それはわかりますが、まずダイエットしてるっておおっぴらに言うのはけっこうハードル高いんですよ。体型のことってデリケートな話題なんで触れられたくない人は少なくないですよ。

「ダイエット中」っておおっぴらにするのが恥ずかしいから公言しない人もいる

ここで自分の体験談をひとつ。

前の会社で働いてた時に9品目のダイエットをしていた時期がありました。野菜や肉や魚など9品目の食材を摂り、米やパンなどの主食系は食べません。手作り弁当を持って食堂に。弁当箱の中にご飯が入ってないのを発見した同席者が指摘するわけですね。

「あれ?ご飯ないけどダイエットしてるの?」

「すごーい。炭水化物抜くなんてあたしにはぜったいムリだなー」

と、老若男女の社員がいるところで普通に触れる触れる。食堂にいる人全員に聞こえてるからー。ダイエットを内緒にしてたわけじゃなかったけどちと恥ずかしかったですね。触れるにしてもソフトタッチでお願いします。

というように、ダイエットしてる事実が大々的に広がるのってそもそも恥ずかしさがありますよ。太ってれば太ってるほどなおさら。

自分の経験から言うと、「体の肉ヤバいな~」「やせなきゃな~」って気軽に言えるのは、心の奥底に『まだ大丈夫だ』という余裕があるからですよ。ホントにヤバくなるにつれ気軽には口にできなくなってくる・・・。

だから、本気で痩せようとしてても恥ずかしさやら何やらで言えない場合もあるので、「公言しないのは本気じゃないからだ」と安易に決めつけるのは反対ですねー。

「夢は人に言わなければ叶う」って自論を持ってる人だっていますしね。ゲン担ぎ的にあえて公言しない人だっているでしょう。

公言してストレスたまるくらいなら言わないほうがいい

「みんなに痩せるって宣言しちゃったし、がんばって成功させなくっちゃ!」

というふうに、公言したことをモチベーションにつなげられるならどんどん人に言っちゃってもかまいやしませんです。

ただ、「痩せられなかったらどうしよう・・・」「痩せなかったら口だけの人間だと思われるかな・・・」みたいに、公言したことがプレッシャーやネガティブな思考につながるんであれば言わなくたっていいです。

ムリに公言してストレスを感じるのはイクナイ!!(・A・)  ←このAAひさびさに見た。

公言しなくてもダイエット出来てます

管理人が今回本格的にダイエットにとりかかる時には、誰にもダイエットするとは言いませんでした。ひそかにスタートしました。見た目に変化が出てくると、周りから「ダイエットしてるの?」と問われるようになるので、その時に「はい、してます。」と初めてダイエットについて言及する感じです。

別に公言しなくても減量できているし続けられています。

おわりに

数ヶ月会ってない友達や知り合いは、管理人がダイエットしていることを知りません。約6.5kgやせたことも当然まだ知りません。ここからさらにダイエットをつづけてキレイになって、ひさしぶりに会う人たちを驚かせたいですねw

そんで、管理人はダイエットしてることを公言してないって言ってる割に、ブログで世界中に発信しちゃってますねw まあまあ、そこはリアルとネットのちがいがあるということで!