【美ボディメイクダイエット】減量期に突入しました!

美ボディメイク 減量期

こんにちは、管理人の獅子美です!

2018年4月から開始している、石本哲郎さん式「美ボディメイクダイエット」。

家でやる筋トレと、食事調整でのダイエットとなります。

2ヵ月の増量期(筋トレしっかりやる時期)を終えて、ようやく減量期に突入しました!

さぁ、これから本格的に体を絞って行く時期に突入となります☆

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

そもそも「減量期」とは何ぞや?

文字通り、体重を減らしていく時期です(^o^)笑

石本哲郎さん式の美ボディメイクダイエットでは、ダイエットの時期を「増量期」「減量期」「維持期」と3つの時期に分けています。

  1. 増量期・・・しっかり体力をつける時期。1日の摂取カロリーは1,500kcal目安1ヵ月で体重1kg増える程度が目安。最低でも1ヵ月、できれば2ヵ月以上が推奨されている。
  2. 減量期・・・ガンガン脂肪を燃やす時期。1日の摂取カロリーは1,200kcal目安1ヵ月で-0.5~3kg程度が目安
  3. 維持期・・・理想の体を維持していく時期。1日の摂取カロリーは1,400kcal目安

いずれの時期も筋トレと食事調整は必須です。摂取カロリーは一般的な目安です。個人によって差が出て来ます。

食事はもちろんただカロリーを減らせばいいのではなく、たんぱく質をしっかりとり、良質な脂肪もきちんと摂取します。糖質は筋トレ2時間前に30gちょっとくらいを摂取し、筋トレをしない日はひかえめに、といったかんじです。

詳細は以下の本を参考にして下さい。

増量期は、ガツンと減量する前段階、いわば助走期間みたいなものですね。

2ヵ月の助走期間を設けるのは、はじめはちょっともどかしく思えました。

どうせダイエットをするならはじめから突っ走りたかったもので(^ω^;)

でもいままでは最短でのダイエット効果を目指しすぎて、変にストイックになってしまって、ちょっと食べ過ぎたりルール違反しちゃったら一気にモチベーションが下がるという失敗パターンが多かったので、2ヵ月じっくりと焦らずに取り組むのは良かったとおもいます。ちょっとした忍耐が身についたかんじですw

減量期でも焦る事なく着実に減量できたらいいなぁ(`・ω・´)+

2ヵ月の「増量期」期間を振り返って

2ヵ月の増量期は、一言でいえば イイ感じ でした。

「パーフェクト!」でなく、時にはアイス食べたりポップコーン食べたりしながらも、まぁやる事やったし、ちょうどいいくらいに出来たなぁと。

くわしくは後で書きますが、増量期の間は体重は計っていませんでした。

数値としてはどれくらいの変化があったかはわかりませんが、見た目は明らかに変わりました!全体的に引き締まってきました!

普段から体のラインが出ないようなゆったり目の服を着ているので、まわりから「やせたね」と指摘される事はまだほとんどありませんが。

数ヶ月後に急にタイトな服を着てハッと気付かせようかと思っている!笑

まぁ、最近ではセクハラの問題があるので、男女ともに体型の事に関して言って来るのは前より少なくなりましたけどね。自分から「ダイエットしてるんですよー」「痩せたんですよー」と言う事もしないですしw 自然とそういう話題になったら話をするかんじです。女友達とはバリバリそういう話はしますけどね。やっぱり女友達はダイエットの話題が好きw

さて、2ヵ月の準備期間を経て、ここからがいわばダイエットの本番です。

ダイエットの効果の程と減量のペースをきちんと把握するため、まずはひさびさに体重計に乗ってみる事にしてみましたよ。

ひさしぶりに体重を計ってみた結果

増量期の2ヵ月間は、体重を計っていませんでした。

増量期は筋肉をしっかり付ける時期であり、体重減少はそもそも見込めない時期。

それを頭ではわかっていても数値として変化がないのを目にした時に、やる気メーターが減ってしまいそうな懸念があったので、自分は体重を計らないようにしてました。

結果として、体重を計らないで増量期を過ごしたのは自分には合ってました!モチベーションが下がる事なく淡々と過ごせたので、計らなくて良かったです(^^)

このまま体重の数値に振り回されずに減量期も過ごしたいところでしたが。

しかし、さすがに減量期に体重を計らないのはナシかなぁと考えまして。。。

1日1,200kcalの食事摂取で、どれくらい自分の体重に変化が出るのか知っておく必要があります。

データは取っておくべきと考え、ひさびさに体重をはかる事にしました。

エイヤ!と体重計に乗ってみた結果

うん、、、まぁ。そんなもんだよね。

「いがいに減っててラッキー♪」みたいなのもちょっぴり期待しましたが(ちょっぴりね)自分が想像してた体重とだいたい同じくらいでした。と言うより、1~2kg多かったくらいです。

まえに筋トレしていた時にも、見た目は結構ひきしまっていても体重は思ったより重い事がありました。逆に言えば、体重の数値の印象よりも見た目はひきしまってる。

やっぱり「体重の数値」と「見た目の印象」はほぼ関係ないなぁと実感しました。

美容体重より数値が上だったとしてもめちゃくちゃカッコいい体型の人もいるし。美容体重の範囲内にいても体型で悩んでる人は少なくないですし。数値より見た目やな。

減量期に入って自分もしばらくは毎日体重を計る事になりそうですが、体重の数字自体に注目するのではなく、一週間前とくらべてどれくらい減ってるか、一カ月前とくらべて、半年前とくらべて・・・と変化の値のほうに注目していきたいとおもいます。

あくまで数字はデータとしてとらえておいて、キレイかそうでないかの判断は見た目でしかない事を覚えておきます。