美ボディメイクダイエット日記 ~23日目~

美ボディメイク

こんにちは、管理人の獅子美です!

今月(2018年4月)の頭から美ボディメイクダイエットをやっています。

食事調整と筋トレがメインの方法です(・∀・)

以下の本を参考にしています

いま筋トレは「増量期」期間中です。体重を減らすのはもう少し先です。

いまはもくもくと筋トレと一日1,500kcalのたんぱく質をしっかり摂る食事に励んでいます。

1~2ヵ月程の増量期を経てから、一日1,200kcalまでカロリー摂取量を減らす減量期に移ります。

最初にこの方法を知った時は、「1~2ヵ月は体重が減らない(むしろ1カ月に1kg増えるくらいがベスト)なんて、じれったく感じないだろうか・・・」とも思いました。

でも、焦る事なく3週間以上このダイエットに取り組めています。

それまでは自分は短期集中型でダイエットに取り組んでモチベーションを切らしてしまう事が多かったので、焦る事なく急ぐ事なくダイエットに取り組むのは自分にとって大事です。

現在参考にしている美ボディメイクダイエットは、挫折しないよう、続けられるよう、よく考えられてるなという印象です。

例えば美ボディメイクダイエットでは、筋トレ2時間前におにぎり1個を食べる決まりになっています。

厳密に言えば、筋トレ2時間前に糖質を30g以上摂る、というルールです。おにぎりはコンビニなどで買いやすい事もあって著者が一番オススメしています。

以前ストイックな糖質制限をやっていた身からすれば、「えー・・・おにぎり(糖質高め)食べるのか・・・」と最初は批判的におもいました。

しかし、実際やってみると「せっかく糖質摂った事だし筋トレせねば!」と、筋トレへのよきスイッチになるんですよね。

きっとおにぎりを食べない状態だったら、「何時に筋トレやろっかな」とちょっと始めるまでダラけてしまいそうになるとおもいますが、美ボディメイクではおにぎりを食べて2時間後と決まってるので、その時間になったら「さ、筋トレタイムだ!」とスパッと筋トレに移れます

おにぎりが筋トレへのスイッチとタイマー的な役割をになってくれてると言うか。いいキッカケになっています。

きっと著者(石本哲郎さん)はこういう狙いもあって、筋トレ2時間前のおにぎり摂取をルールにしているのでしょう。

こういう「続けさせる」「ダイエットに取り組ませる」工夫がされている本だなという風に感じます。

3週間過ぎてみてですが。

まだ増量期と言う事もあり、まだ周りから「痩せたね」と言う言葉はもらっていません。

管理人は(体型に自信が無い時期は)ふだんからあまり体のラインの出ないゆったりとした服を好むのもあって、パッと見で痩せたと気づかれるにはまだ難しいです。

でも、自分では鏡を見て変化が出て来たと感じています(^^)

まだまだこれから、体型を整えて行きます!

自分はこれまで肥満・ぽっちゃり・がっちり・普通体型のいずれかでしかなく、スリムな体型にはなった事がありません(^^;)

なので正直、自分がスリムになる想像はつかないし、なれるんかいなとたまに疑いの芽がムクムクと出たりします(;´・ω・)

でもここは一発、美ボディメイクダイエットの考案者の石本哲郎さんを信じてやってみようと思っております。

頼んます!!(何かにお祈り)

美ボディメイクダイエットでは、たんぱく質をしっかり摂る食事をすすめています。

糖質は少なめを推奨していますが、糖質を全カットするわけではありません。

さっきも書いたのですが、筋トレ2時間前には糖質を30g以上は摂らなくてはなりません。

この「糖質を摂らなければならない」のも、結果的には自分にとってはいいやり方となっています。

この「筋トレ前のおにぎり1個」がなければ、自分は完全に糖質カットの方向に進んでいたとおもいます。

極端にやると、ちょっとバランスが崩れた時に、ダダダッと雪崩落ちてしまう可能性があるんですよね。

ちょっとルール違反になっちゃっただけで罪悪感に襲われたり、ドカ食いとか変な方向に暴走したり、それで一気にモチベーションが低下したりって事にも繋がり兼ねないので、ストイック過ぎる・極端になるのは要注意。

ある程度の糖質を「筋トレのために摂らなければならない」ルールのおかげで、極端になる事なくダイエットができています。

そして、もちろん量には気を付けますが、ダイエット中でも外食に行けたりお寿司を食べられたりする事で、ストレスを感じずにダイエット生活を送れています。

自分にとって無理せずに続けられたら一番だなとおもいます(^o^)/

まだ増量期wなので、これからどんどんいい報告ができれば~☆

それではまたノシ

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)